Why has the Manx language disappeared at a certain time?
That is not a big problem.

It is because it is best to think that the Manx language is abolished as a byproduct of its extinction and social phenomena that can occur in any country and any place.
It is not uncommon things in the world that things and things that were once TRADITIONAL go down.
However, there are things that can be thought of as backgrounds leading to extinction.

From about the middle of the Middle Ages, the Isle of Man gradually entered under the influence of England, and it seems that the development of English since then has been a major external factor in the decline of the Manx language.
It can be said that the Man Island language declined rapidly during the 19th century and was replaced by English.


何故マン島語がある時期に廃滅してしまったのか?
それは大きな問題ではありません。
どこの国、どこの場所でも起こりうるその時代性と社会的な現象が生む副産物として、マン島語が廃滅したと考えるのが順当だからです。
かつてTRADITIONALだった物や事が絶えてしまう事など世界では珍しい事ではありません。
しかし、廃滅に至る背景として考えられる事はあります。

中世後期あたりから、マン島は次第にイングランドの影響下に入り、それ以来英語が発達したことがマン島語衰退においての主要な外部要因であったと言えるでしょう。
そしてマン島語は19世紀中、急速に衰退し英語に取って代わられたとも言えるでしょう。


It is said that there were 16,200 people who used the Manx language for 54,000 population in Isle of Man in 1874.
This is 30% of the population.
On the other hand, at the same time, according to the book of J. G. Cumming in 1848, he said that "There are few people who do not speak English in Isle of Man, probably not at all in youth."

1921 For the population of 60,000 people, the proportion of people using Manx language is decreasing to 1.5%, the number was 896 and 1,000 less than 1,000, the prestige of the Manx language was declining.

Perhaps the times and societies in the future seem to be important in mastering English and there may be a tendency not to actively teach children their mother tongue.
  This is a social phenomenon that can easily be imagined.


As a result of this influence, those who regularly use Manx language decreased to 0.5% ;275 people against 55,000 population in 1951 (By the official data of the Isle of Man Census) .

The last native speaker of the Manx language passed away in 1974 and Manx language was going away.

The Manx language which was “TRADITIONAL” disappears spontaneously, and English reigns as “NEW TRADITIONAL”. Naturally, it was inevitable flow of the times.


1874年マン島の人口54,000人に対してマン島語を使用していた人数は16,200人存在したといわれています。
これは人口の30%を占める割合です。
しかし、同時に1848年の J.G.カミング著には「マン島には英語を話さない人はほとんど いない、若者ではおそらくまったくいない」と書かれているそうです。

1921年人口60,000人に対してマン島語を使用していた割合は1.5%にまで減少し、その数は896人と1,000人を割り込み、マン島語の威信は低下していました。

親たちは当時の社会情勢から、英語に比べるとマン島語は不要なもの、これからの世の中は英語を身に付けるべきと考え、子どもたちに母国語を積極的に教えない傾向にあったのかも知れません。
これは容易に想像できる社会現象です。


こうした影響もあって、マン島語を常用する人は1951年人口55,000人に対して0.5%の275人まで減少しました(公式なマン島国勢調査の数字による)。。
そして、1974年に最後の母語話者が他界し、マン島語は廃滅しました。
「TRADITIONAL」だったマン島語が廃滅し、「NEW TRADITIONAL」として英語が君臨する。
当然でもあり、必然的な流れだったのでしょう。







The Manx language disappeared with the flow of the times, however, after then the era has come that Manx language is promoted and people recommended "it should be reconstructed!"

With this reconstruction effort, a lot of change has been born. Not only in the government but also in the private sector, the expression of the Manx language is increasing.

It was recovered up to 2% (1,800) people who use Manx language against the population of 88,000 in 2015.
This is a proof that Manx language is recovering at a great speed.

But, in 2009 the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization’s “World Crisis Language Map” declared that Manx language is an extinct language, despite having hundreds of Manx native speaker in Isle of Man.

After that, UNESCO changed the classification to “critically endangered” from the fact that there are hundreds of Manx language speakers.
It will eventually overcome a serious crisis.


時代の流れとともにマン島語が廃滅しましたが、その後、マン島語の復興が推進される、推進するべきだ! という時代が到来しました。
この復興の試みによって、少なからず変化は見受けられます。
政府だけではなく、民間においてもマン島語の表示が増えています。

2015年人口88,000人に対して、2%の1,800人にまで回復しています。
これは素晴らしい速度でマン島語が復興している証明といえます。

しかし、2009年に国連教育科学文化機関の世界危機言語地図は、マン島に数百人のマン島語話者がいるにもかかわらずマン島語を消滅言語 (extinct language) と宣言ました。
その後、ユネスコはマン島語話者が数百人存在する事実から分類を「深刻な危機 critically endangered」に変更したそうです。
それもやがて、深刻な危機も乗り越えるでしょう。



The familiarity, recognition or interest in Manx language will be different depending on the age group, but it is certain that the Isle of Man now recovers from the social conditions such as 30 years ago when many people could not understand the Manx language at all.

There is no doubt that the Manx language is steadily expanding power.
In addition, by continuing this attempt, eventually the English that is currently TRADITIONAL will decline, and the Manx language may become normalized as NEW TRADITIONAL.


年齢層によってもマン島語への馴染みや、認識、関心度は異なるでしょうが、客観的に見て30年前のようにまったくわからない、まったく関心がないような社会状態からマン島全体が脱しているのは間違いありません。

そして着実にマン島語が勢力を拡大しつつあるのも間違いありません。
加えて、この試みを継続することで、やがて現在TRADITIONALである英語が衰退し、マン島語がNEW TRADITIONALとして常態化する可能性もあります。




108-1へ <<previous pagenext page>> 108-3-1へ

ホームへ戻る ページのトップへ戻る