Why has the Manx language disappeared at a certain time?
That is not a big problem.

It is because it is best to think that the Manx language is abolished as a byproduct of its extinction and social phenomena that can occur in any country and any place.
It is not uncommon things in the world that things and things that were once TRADITIONAL go down.
However, there are things that can be thought of as backgrounds leading to extinction.

From about the middle of the Middle Ages, the Isle of Man gradually entered under the influence of England, and it seems that the development of English since then has been a major external factor in the decline of the Manx language.
It can be said that the Man Island language declined rapidly during the 19th century and was replaced by English.


何故マン島語がある時期に廃滅してしまったのか?
それは大きな問題ではありません。
どこの国、どこの場所でも起こりうるその時代性と社会的な現象が生む副産物として、マン島語が廃滅したと考えるのが順当だからです。
かつてTRADITIONALだった物や事が絶えてしまう事など世界では珍しい事ではありません。
しかし、廃滅に至る背景として考えられる事はあります。

中世後期あたりから、マン島は次第にイングランドの影響下に入り、それ以来英語が発達したことがマン島語衰退においての主要な外部要因であったと言えるでしょう。
そしてマン島語は19世紀中、急速に衰退し英語に取って代わられたとも言えるでしょう。


It is said that there were 16,200 people who used the Manx language for 54,000 population in Isle of Man in 1874.
This is 30% of the population.
On the other hand, at the same time, according to the book of J. G. Cumming in 1848, he said that "There are few people who do not speak English in Isle of Man, probably not at all in youth."

1921 For the population of 60,000 people, the proportion of people using Manx language is decreasing to 1.5%, the number was 896 and 1,000 less than 1,000, the prestige of the Manx language was declining.

Perhaps the times and societies in the future seem to be important in mastering English and there may be a tendency not to actively teach children their mother tongue.
  This is a social phenomenon that can easily be imagined.


As a result of this influence, those who regularly use Manx language decreased to 0.5% ;275 people against 55,000 population in 1951 (By the official data of the Isle of Man Census) .

The last native speaker of the Manx language passed away in 1974 and Manx language was going away.

The Manx language which was “TRADITIONAL” disappears spontaneously, and English reigns as “NEW TRADITIONAL”. Naturally, it was inevitable flow of the times.


1874年マン島の人口54,000人に対してマン島語を使用していた人数は16,200人存在したといわれています。
これは人口の30%を占める割合です。
しかし、同時に1848年の J.G.カミング著には「マン島には英語を話さない人はほとんど いない、若者ではおそらくまったくいない」と書かれているそうです。

1921年人口60,000人に対してマン島語を使用していた割合は1.5%にまで減少し、その数は896人と1,000人を割り込み、マン島語の威信は低下していました。

親たちは当時の社会情勢から、英語に比べるとマン島語は不要なもの、これからの世の中は英語を身に付けるべきと考え、子どもたちに母国語を積極的に教えない傾向にあったのかも知れません。
これは容易に想像できる社会現象です。


こうした影響もあって、マン島語を常用する人は1951年人口55,000人に対して0.5%の275人まで減少しました(公式なマン島国勢調査の数字による)。。
そして、1974年に最後の母語話者が他界し、マン島語は廃滅しました。
「TRADITIONAL」だったマン島語が廃滅し、「NEW TRADITIONAL」として英語が君臨する。
当然でもあり、必然的な流れだったのでしょう。



108-1へ <<previous pagenext page>> 108-3へ

ホームへ戻る ページのトップへ戻る