Man language is called Manx, Manx Gaelic, Mannan, or Mannan Gaelic, but it is academically regarded as a group of Gaelic County of Celtic.
So, Gaelic language is also Celtic language.

To avoid confusion with Mann Island English (Anglo-Manx) which is an English dialect spoken at Isle of Man.
And to distinguish it from Manx Gaelic ,and the other two Gaelic words.
As a method to clearly distinguish it, there are cases where the expression Gaelg / Gailck Vannin (Gaelic of Man) or Gaelg / Gailck Vanninagh (Gaelic of Man) is used.

Some people express Manx language with a nickname of Chengey ny Mayrey (mother's word) with love for their mother tongue. This is pretty fashionable. Wow that's cool.

Also, as the characteristic of the Isle of Man, place names are mostly occupied by the Manx language or meaning.

Even during the time when the Man Island is said to have disappeared; most of the place name is the Man island language, so actually saying the place name itself is also talking about the Manx language.

For example, "Cronk" of “Cronk y Voddy” which is a watching point of TT race means "Hill" in English.
Cronk y Voddy = Hill of the dog

"Balla" of “Ballasalla” and “Ballabeg” which is the name of the town in the southern part of the island represents "Farm" and "Place". Ballasalla = Place by the river (place along the river)
Ballabeg = Small farm
These seems to mean like that.


マン島語はマンクス語、マン島ゲール語、マニン語、マニン・ゲール語と呼ばれるものですが、学術的にはケルト語派のゲール語群とされています。
なので、ゲール語=ケルト語でもあるのです。
 
  マン島で話される英語の方言であるマン島英語 (Anglo-Manx) との混同を避けるために、Manx Gaelic という言い方や、ほかの 二つのゲール語から区別するために、Gaelg/Gailck Vannin (マンのゲール語) や Gaelg/Gailck Vanninagh (マン人のゲール語) という言い方を用いる場合もあるそうです。

また母国語に対する愛情を込めて、Chengey ny Mayrey (母の言葉) という愛称でマン島語を表現する人たちもいます。
これはかなり洒落ています。

また、マン島の特色として地名はマン島語で名付けられている場所がほとんどを占めています。
マン島語が廃滅したとされた時期でも地名のほとんどはマン島語なので、実際には地名を言うこと自体がマン島語を話していることにもなるのです。

例えば、TTレースの観戦ポイントでもあるCronk y Voddy(クロンキーボディ) の“Cronk”は英語の“Hill”にあたり、Cronk y Voddy=Hill of the dog (犬の丘)という意味になるそうです。
また、島南部の街の名前であるBallasalla(バラサラ)やBallabeg(バラベグ)の“Balla”は、“Farm”や“Place”を表し、Ballasalla= Place by the river (川沿いの場所・町)、Ballabeg=Small farm(小さなファーム・農場)という意味だそうです。



The character notation of Manx language is alphabet.

In the first place Celtic folk, they did not use characters and constitutes a society by oral expression culture tradition. So it was not so long ago when they started using characters from the long history.

However, from the historical literature, the word “Manx” is sometimes spelled “Manks”.
There is also the theory that the way of writing "Manks" means "Mannish Man".
Some people have taught that this is derived from Mannisk of the Norwegian (also called Northern Germanic, Northern European) like the coastal parts of Scotland and Ireland, North people settled in Isle of Man.
It seems that they leave traces in place names such as Laksi (Laxey in the UK, Laksaa in the Isle of Man) and Ramsey (Ramsey in the UK, Rhumsaa in the Isle of Man).
With the Northman who have settled in Isle of Man, (Swedish Nordman) says people of ancient Scandinavia (mainly Norwegian) spread throughout Scandinavia.

Of course the people of this ancient Scandinavia are also included in the Vikings.
The Northman who has settled in Isle of Man is Vikings.
But for what reason was it named Manx?
What reason was it named Isle of Man?


マン島語の文字表記はアルファベットです。

そもそもケルト民族は文字を使わず、口伝による社会を構成していたので、音を文字化したのは長い歴史からみると、それほど昔のことではないでしょう。

しかし、歴史的文献からみるとManxという文字は、時にManksと綴られている場合もあります。
Manksという書き方は「マン人のMannish」を意味しているという説もあります。
これはノルド語(北ゲルマン語、北欧語とも呼ばれる)のManniskに由来していると教えてくれた人もいます。

スコットランドおよびアイルランドの海岸部と同様、マン島にはノース人が入植し、ラクシー(英 Laxey, マン島語 Laksaa) やラムジー(英:Ramsey, マン島語:Rhumsaa) といった地名にその痕跡を残しているそうです。
マン島に入植してきたノ−ス人(スウェーデン語:Nordman)とは、北欧全体に広がった古代スカンディナヴィアの人々(主にノルウェー人)を言います。
スウェーデン語でノルドマンと言うので、ノルド語と呼ばれるのでしょう。

この古代スカンディナヴィアの人々には当然ヴァイキングにも含まれるのです。
マン島に入植してきたノース人とはヴァイキングなのです。

しかし、歴史的文献からみるとManxという文字は、時にManksと綴られている場合もあります。
Manksという書き方は「マン人のMannish」を意味しているという説もあります。
これはノルド語(北ゲルマン語、北欧語とも呼ばれる)のManniskに由来していると教えてくれた人もいます。

スコットランドおよびアイルランドの海岸部と同様、マン島にはノース人が入植し、ラクシー(英 Laxey, マン島語 Laksaa) やラムジー(英:Ramsey, マン島語:Rhumsaa) といった地名にその痕跡を残しているそうです。
マン島に入植してきたノ−ス人(スウェーデン語:Nordman)とは、北欧全体に広がった古代スカンディナヴィアの人々(主にノルウェー人)を言います。
スウェーデン語でノルドマンと言うので、ノルド語と呼ばれるのでしょう。

この古代スカンディナヴィアの人々には当然ヴァイキングにも含まれるのです。
マン島に入植してきたノース人とはヴァイキングなのです。
しかし、何故マン島と名付けられたのでしょうか?


>>108-3-2-へ  >>108-3-3-へ

ホームへ戻る ページのトップへ戻る