There are also categories in Celtic, but the Isle of Man is classified as Insular Celtic even in Celtic.
In English it is called Insular Celtic and is the language originating from the British Isles.
Celtic has Gaelic and Brythonic, and Gaelic is in Isle of Man, Ireland, Scotland, Brythonic is in Breton, Cornwall and Wales.

Isle of Man language is included in Insular Celtic.

This is divided to distinguish it from the Celtic word of the continent.

The language included in Insular Celtic, Scottish Gaelic , Manx /Isle of man, Galway and Gaelic Britnik Cumbrian old Welsh Middle Welsh ,Welsh , South west Britnick, Bretonese, Cornish It is said to be.



Even if we say Celtic in one word, the range is quite broad and we can see that it is distributed in wide areas.
Also, it seems that it came to be called Insular Celtic as it was originated from being used in the Britain Islands.
However, it is also said that Celtic is a culture of a speaker who originally does not have character.


ケルト語にも種別は存在しますが、マン島語はケルト語の中でも島嶼(とうしょ)ケルト語に分類されています。
英語ではInsular Celticと呼ばれ、ブリテン諸島を起源とする言語です。
ケルト語にはゲール語とブリソン語があり、ゲール語はマン島、アイルランド、スコットランドに、ブリソン語はブルトン、コーンウォール、ウェールズに存在します。


また、ケルト語の中でもマン島語はと島嶼ケルト語に含まれています。
これは大陸のケルト語と区別するために用いられる区分です。
島嶼ケルト語Insular Celticに含まれてる言語は、 ゲール語、原アイルランド語、古アイルランド語、中期アイルランド語、アイルランド語、スコットランド・ゲール語、マン島語、ゴールウェイ・ゲール語、ブリトニック語、カンブリア語、古ウェールズ語、中期ウェールズ語、ウェールズ語、南西ブリトニック語、ブルトン語、コーンウォール語であるとされています。


一言でケルト語と言ってもその範囲はかなり広く、そして広域に分布していることがわかります。
また、島嶼ケルト語と呼ばれるようになったのは、ブリテン諸島で使用されていた事に由来しているそうです。
しかし、ケルト語は文字を持たない話者の文化であるとも伝えられています。



>>108-3へ  >>108-3-4へ
ホームへ戻る ページのトップへ戻る