It is said that Celts are ethnic groups using Celtic languages and they came across to Europe with horses and wheeled rides (carriages and tanks) from the grasslands of Central Asia, there is no clear evidence about when and how Celtic people came to the Britain Islands in any era.

However, in the common opinion in the Britain Islands, it seems that the theory that the indigenous people were conquered by the Celtic warrior group with iron weapons seems to be persistent.
On the other hand, different theories have emerged from genetic research in recent years. It is said that indigenous people of the Neolithic Age have been altered by the cultural influence of continental Celts.

ケルト人は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(馬車や戦車)を持って欧州各地に渡来したケルト語を使用する民族であるとされていますが、ケルト人がいつどんな時代にブリテン諸島に渡来したのかについては、はっきりした確証は得られていないそうです。

しかし、ブリテン諸島における通説では鉄製武器を持つケルト戦士集団によって先住民が征服されたという説が根強いようです。

また、一方では近年遺伝子的な研究から、新石器時代の先住民が大陸ケルトの文化的影響によって変質したとする説も浮上しているようです。


We do not know about the old days. There is a fact that there are many things that we do not know.
But one obvious thing is that on Britain Island before it was uniformed to the Roman Empire; there was a society of Celtic tribes with iron weapons on a tank.

In the first century AD, England and Wales came to be dominated by the Roman Empire.
From that influence, the Celts in this region will be Romanized.
However, when the Germanic people invaded Gallia in the 5th century, the Roman Empire abandoned Britannia's control and made the army retreat to the continent.

This seems that it is believed that the Roman civilization was definitely forgotten under the rule of Anglo - Saxon, as the Anglo-Saxon people crossed the sea and invaded England by striking this gap.

However, even on the same Britain Island the language of Celt remained in the western part of Wales.

It is said that this is probably affected by not being completely conquered from the Roman Empire and from Anglo-Saxon.

Before the cultural areas of ancient Rome and Germania expanded, it seems that the Celtic civilization has occupied most of the important parts of Europe.
Considering from this theory, it is also convincing that the origin of the name Celtic originated that the ancient Greeks called Western Europeans Keltui (stranger) around 600 BC.


古い時代のことはわからないことが多いという事実はありますが、一つ明らかなことはローマ帝国に制服される以前のブリテン島には戦車に乗り、鉄製の武器を持ったケルト部族の社会が存在していたということです。

西暦1世紀になると、イングランドとウェールズはローマ帝国の支配を受けるようになり、この地方のケルト人はローマ化して行くことになりましたが、5世紀にゲルマン人がガリアに侵入すると、ローマ帝国はブリタニアの支配を放棄して軍隊を大陸に引き上げたとされています。
これにより、この間隙を突いてアングロサクソン人が海を渡りイングランドに侵攻したことによって、アングロサクソンの支配の下でローマ文明は忘れ去られたのは確実だと見られているようです。
しかし、同じブリテン島でも西部ウェールズはアングロサクソン人の征服が及ばず、ケルトの言語が残存したのだろうと言われています。

古代ローマとゲルマニアの文化圏が拡大する以前には、欧州の重要な部分はケルト文明がそのほとんど占めていたであろうと見られているので、ケルトという呼び名の起源が紀元前600年ごろに古代ギリシャ人が西方ヨーロッパ人をケルトイ(よそ者)と呼んだことが始まりという説も頷けます。


---
In any case, since Scotland, Ireland, and the Isle of Man are areas that are said to have not even undergone Roman rule, the theory that the characteristics of Celtic = Gaelic and Celtic culture remained strong was common It is becoming.

It is also said that the Celts of Cornwall at the western end of England was pressured by Anglo-Saxon, moved across the sea to the Brittany peninsula of the continent, and became a Breizh/Breton. (Breizh/Breton / Northwest of France. During the Roman Empire was called Roman almorica).


From these historical backgrounds, it is mostly seen that the Celts of the continent have been destroyed or made Romanized, but the Insular Celtic remains as six Celtic countries.

The six Celtic countries are names that have distinctive Celtic languages and indicate Celtic culture characteristics such as art, history, music, dance, literature, and so forth, and there is no actual Celtic country.

These six Celtic countries are called Celtic countries in the sense of nation.
The word “nation” is originally used as a word meaning "people" that share a common traditional identity and culture and is identified as a historical area, country, or region, so the sovereign state it is not synonymous with.

The six regions recognized as Celtic countries are Brittany(Breizh), Cornwall(Kernow), Ireland(Eire), Scotland(Alba), Wales(Cymru) and Isle of Man(Mannin).

In these six areas, Celtic languages are still being spoken or are being spoken until the modern day, so they are called Celtic countries.

In addition to these six, Minho, Douro, Tras-Os-Montes in the mountainous areas adjacent to Galicia, Asturias, Cantabria and Galicia in Portugal in the northwestern part of Spain have been identified as Celts from their region's unique cultural characteristics.


TT-RACE has been held in Isle of Man, one of these six Celtic countries.
This RACE is done in history and scale of the oldest in the world, the longest in the world.
RACE is also an alias for Nation, so I do not think it is a coincidence.
I feel great inevitability. This may be magic.



---
いずれにせよ、スコットランドやアイルランド、そしてマン島は元々ローマの支配すら受けなかった地域なので、ケルト語=ゲール語とケルト文化が色濃く残ったのであろうというのが一般的な説となっています。
また、イングランド西端にあるコーンウォールのケルト人はアングロサクソンの圧迫を受け、海を渡って大陸のブルターニュ半島に移住し、ブルトン人になったと言われています(ブルトン/フランス北西部。ローマ帝国時代はローマ領アルモリカと呼ばれていた)。

こうした歴史的な背景から、大陸のケルト人は滅びたか、ローマ化されたというのが大方の見方になっていますが、島嶼ケルトは6つのケルト国として残存しています。
6つのケルト国とは、地域独自のケルト語を持ち、芸術、歴史、音楽、舞踊、文学といったケルト的文化特性が今も色濃く残る領域を指す名称であり、実際にケルト国があるわけではありません。

この6つのケルト国はネイションという意味でケルト国と呼ばれているのです。


ネイション(nation)という言葉は元々、共通の伝統的なアイデンティティや文化を共有する「人々」を意味する言葉として用いられ、歴史的な領域、国、または地域として識別されるもので、主権国家と同義語ではありません。
(種族・民族=people, nation, race, tribe, species, family)

ケルトの国として認識される6つの地域は、ブルターニュ(Breizh)、コーンウォール(Kernow)、アイルランド (Eire)、スコットランド(Alba)、ウェールズ(Cymru)、そしてマン島(Mannin)です。

これら6つの領域では、ケルト語系の言語が現在も話されているか、近代まで話されていたことからケルト国と呼ばれています。

この6つに加えて、スペイン北西部のガリシア、アストゥリアス、カンタブリアやポルトガルのガリシア州に隣接する山間地帯にあるミーニョ、ドウロ、トラス・オス・モンテスは地域独自の文化特性からケルトとして識別されているそうです。


この6つのケルト国の一つであるマン島で開催されているTT-RACE。 このRACEは世界最古、世界最長という歴史と規模で行われています。
RACEとはNationの別称でもあるので、とても偶然とは思えませんね。大きな必然を感じてしまいます。 これがマジックなのかもしれません。


>>108-3-4へ

ホームへ戻る ページのトップへ戻る