Gaelic is the standard in English called Gaelic, but now it is classified into Scotland Gaidhlig, Irish Gaeilge, Manx Gaelg.

Scottish Gaelic is sometimes simply referred to as Gaelic in English, but it is not common to call Mann or Irish Gaelic.

Scottish Gaelic is called Scottish Gaelic or Alba Gaelic.
About 60,000 people across Scotland are said to be able to speak Gaelic and There are about 90,000 people who can understand even cannot speak.
It is said that about half of the people who speak and understand Gaelic languages live in the western island of the Highland area and the rest of them are dotted in lowland area.

It is said that there are about 1,000 inhabitants who are using Gaelic languages as their mother tongue, also used in communities that immigrate on the Nova Scotia Peninsula, Prince Edward Island and Newfoundland Island located in eastern Canada of British Commonwealth.

There is an archaeological site called “Ransu Ohmedo” in this Newfoundland Island, and this ruin is said to be a settlement site of the North people.
It is also a proof that Viking had extended to the continent of North America.

These regions where people use Gaelic languages are said to be “Gaeltacht” including protective implications.



ゲール語とは英語で「Gaelic(ゲーリック)」と呼ばれるのが標準的ですが、現在はスコットランドGaidhlig、アイリッシュGaeilge、マンクスGaelg、の3つに分類されています。
英語ではスコットランド・ゲール語を単純にGaelicと呼ぶ場合がありますが、マン島語やアイルランド語をGaelic と呼ぶことは一般的ではありません。
スコットランドのゲール語は、スコットランド・ゲーリックもしくはアルバ・ゲーリックと呼ばれています。
スコットランド全土で約60,000人がゲール語を話せると言われています。
また話す事は出来なくても、理解はできる人たちが約90,000人いるそうです。
ゲール語を話す人や理解する人の約半数はハイランド地方の西の島に住む住人で、残り半数は低地地方に点在していると言われています。

また、英連邦のカナダ東部にあるノヴァスコシア半島、プリンスエドワード島、ニューファンドランド島で移民の血を引く共同体の中でも使用され、母語としてゲール語を使用している住人が約1,000人存在するそうです。

このニューファンドランド島には、ランス・オ・メドーと呼ばれる遺跡があり、この遺跡はノース人の入植地跡だそうです。
ヴァイキングが北米大陸まで進出していた証でもあります。

こうしたゲール語を使用する地域は保護的な意味合いも含めてゲールタハトと言われています。





Do they communicate in Gaelic on a daily basis in the areas where Gaelic language remains?
There are people who think that it is natural, others have doubts.

These areas where Gaelic language remains are also called “Gaidhealtachd”.
However, even in saying Gaidhealtachd in a single word, its characteristics are different from region to region.

Scottish-Gaelic language is used in Scott-Land language, Scottish Gaelic language is also used for Nova Scotia but Scotland.
Formerly Gaeltacht contained many of the northern islands and areas beyond the southeastern edge of Scotland as seen in Gaelic origin geographical names and records at the time.

They are Dun Deagh, Inbhir Nis, Sruighlea, Earra-Ghaidheal, Gall-Ghaidhealaibh, etc. In contrast, Glasgow is derived from Breton's glas cu (Glaschu in Gaelic).
Also, it seems that Aberdeen is also derived from Breton.


From the historic reasons such as the use of Scottish English at Edinburgh Court, Gaeltacht has shrunk greatly and now is the only region of the Western islands and Sky Island, Roharush, Argyle, Butte of the North East Highland.
Gaelic speakers have been reduced to a small extent in Glasgow and Edinburgh.
In addition, the Irish Gaelic language is also called “Irish language” and is designated as the first official language in Ireland.
However, it seems that Gaelic language is actually used only on a limited part of protected area called Gaeltacht.


In Ireland it is said to be Gaeltacht (a Ghaeltacht in Irish) and is a nickname that refers to the region where Irish (Gaelic) is the official language.
As mentioned above, in the broader sense also includes the use area of Scottish Gaelic language (Gaidhealtachd).

These areas got first official certification as part of the Irish free country policy to restore the Irish language, after the Gaelic revival.
This boundary seems to have not been changed since it was set in the 1950s, but the population of Irish speakers showed a serious decline, and now it is said that only a few speakers remain.


ゲール語が残る地域では日常的にゲール語で会話がされているのか?
当然だろうと思う人もいれば、疑問を持つ人もいると思います。
ゲール語が残るこれらの地域は、「ゲールタハト(Gaidhealtachd)」とも呼ばれています。
しかし、一言でゲールタハトと言っても、その特性は地域によって異なります。

スコットランド・ゲール語の使用地域では、スコットランド以外にノヴァスコシアにも僅かですがスコットランド・ゲール語が使用されています。
かつてゲールタハトは、ゲール語に由来する地名や当時の記録で見られる様にスコットランドの南東端を越えた地域や北の島々の多くを含んでいました。

それらはダンディー (Dun Deagh)、インヴァネス (Inbhir Nis)、スターリング (Sruighlea)、アーガイル (Earra-Ghaidheal)、ギャロウェイ (Gall-Ghaidhealaibh)等で、これとは対照的にグラスゴーはブルトン語のglas cu(ゲール語のGlaschu)に由来しているそうです。
そして、アバーディーンもまたブルトン語に由来するそうです。


かつてエディンバラの法廷でスコットランド英語が用いられたことなどの歴史的な理由で、ゲールタハトは大幅に縮小し、現在は西部の島々と北東ハイランドのスカイ島、ロハルシュ、アーガイル、ビュートだけの領域となり、グラスゴーとエディンバラにわずかにゲール語話者が残るほどに縮小されました。

また、アイルランドのゲール語はアイルランド語とも呼ばれ、アイルランドにおける第一公用語に指定されています。
しかし、実際にゲール語が日常的に使用されているのはやはりゲールタハトと呼ばれるごく一部の保護地域に限定されているようです。


アイルランドにおいてはゲールタハト(アイルランド語ではan Ghaeltacht)と言われ、アイルランド語(ゲール語)を公用語とする地域を指す呼び名です。
前記したように広義ではスコットランド・ゲール語の使用地域 (Gaidhealtachd) も含みます。

これらの領域は、ゲール語復興運動(英語では Gaelic revival)の後、最初にアイルランドの言語を回復するため、アイルランド自由国の政策の一部として公認されたものです。
この境界は1950年代に設定されてから変更されていないそうですが、アイルランド語話者の人口は深刻な減少を見せ、現在は少数の話者しか残っていないといわれています。



Gaeltacht's population is approximately 85,000 people; Irish speakers are concentrated mainly in the western part of Donegal province, Mayo State, Galway State, Kerry State, Cork State.
It seems that speakers are distributed also in southern Waterford and eastern province.

And also inform you of the fact that the Irish government cooperated in the protection and revival of the Isle of Man island.
However, there are no such protected areas of Gaeltacht and Manx Gaelic in Isle of Man.


As an aside, the person who saw the movie "Million Dollar Baby" directed by Clint Eastwood may feel something in this story, or may already have understood it.
In this movie, Gaeltacht / Gaelic language plays an important role in part.
If you are interested, please enjoy watching it!


ゲールタハトの人口は約85,000人で、アイルランド語話者は主にドニゴール州の西部、メイヨー州、ゴールウェイ州、ケリー州、コーク州に集中しています。
ウォーターフォード州南部とミース州東部にも話者が分布しているそうです。

またアイルランド政府はマン島語の保護や復活に協力した事実をお知らせしておきます。
ですが、マン島の中にこのようなゲールタハトや保護区は存在しません。


余談ですが、クリント・イーストウッド監督作品の映画「ミリオンダラー・ベイビー」を見た人はこの話に何かを感じたり、すでに理解しているかもしれません。
この映画の中では、ゲールタハト、ゲール語が一部重要な役割を担っています。
興味や関心を持たれた方は是非ご鑑賞を!



ホームへ戻る ページのトップへ戻る