North people (Nordman in Swedish) refers to the people of ancient Scandinavia (mainly Norwegian) spread throughout Northern Europe, which can also be distinguished by calling such as the Sveians (mainly Swedes).
There seems to be no difference so far as to say that there is no boundary line racially.
The origin of the name "North people" is exactly the meaning of "people who came from the north". They advanced to Finland, Canada and Greenland in the west, Ukraine and Estonia in the east, then built the countries of North people.
This North people is the Viking.


Viking is a group like a pioneer of a trading company that has been trading in Europe including the North American continent and is also a fleet.
There are many people who have images of "Viking" being mixed with “Pirates”, but that is a big mistake.
There is no doubt that Viking is a self-defense armed strong group, but the main business is ordinary people who are agriculture or fishery.

There was also a militant group among the Viking, but it is not a story limited to Viking. So, here we’d like to proceed from the perspective that Viking is a group or fleet with self-defense and the original trading company.

However, in the voyage of Viking, as Viking is people with courage and skill to crotch the ocean of the world, the expression "ordinary" may not be appropriate.
Please realize that Vikings are not rough, not violent and not aggressive necessarily.
For example, North people who are said to go to Scotland mixed with Celtic ethnic groups and created their own clan society, which is currently inherited.

In addition, the place name of “Normandy” in France is said to originate from Normandy (Norman man = North man) as the designation of Viking who were given the land here by King of France.


ノース人(スウェーデン語では Nordman)とは、北欧全体に広がった古代スカンディナヴィアの人々(主にノルウェー人)を指すもので、スヴェーア人(主にスウェーデン人)など呼び名で区別されることもありますが、人種的にその境界線はないといってよいほど違いはないそうです。
ノース人という名称の由来は「北方からやってきた人々」という正にそのままの意味で、彼らはフィンランドをはじめ、西はカナダやグリーンランド、東はウクライナやエストニアにまで進出して各地でノース人の国を作ったといわれています。
このノース人こそがヴァイキングです。


ヴァイキングは欧州を始め、北米大陸にまで進出して交易をしていた商社の先駆けのような集団であり、船団です。
パイレーツと呼ばれる海賊とミックスされて海賊というイメージを持っている人も多いと思いますが、それは大きな間違いです。
ヴァイキングとは自衛的に武装した強者集団である事に間違いありませんが、本業は農業であったり、漁業であったりする普通の人たちです。

中には好戦的な集団もいたでしょうが、それはヴァイキングに限った話ではないので、ここではあくまでも自衛的に武装した集団・船団であり、交易を求める元祖商社マンという視点で進みたいと思います。


しかし、ヴァイキングの大航海時代に、世界の海を股にかける勇気と技術を持った人たちなので、普通という表現は適切でないかもしれませんが、いわゆる荒くれ者であったり、暴力的であったり、必ずしも攻撃的であった訳ではないと認識してください。
その一例として、特にスコットランドに渡ったとされるノース人たちはケルト系民族と混合して、独自の氏族社会を作り、それは現在に受け継がれています。
また、フランスのノルマンディーという地名は、フランス国王よりここに土地を与えられ たヴァイキングの呼称としてのノルマンディー(ノルマン人)に由来するそうです。




There is also a simple question. Were Gaelic and Norse able to talk each other?
According to one theory, it seems that Viking was able to speak Insular Bara man island language besides Norse.

Insular Bara man island language is a one of Gaelic which is closely related to Irish Gaelic, Scottish Gaelic, and Manx Gaelic.

It’s difficult they can make complete mutual understanding but the speakers seem to be able to have conversation and understanding within a certain range by the passive ability of each language.


Either way, the Isle of Man people fought against Viking and then coexisted.
It seems that there is a fundamental idea that anyone who lives here will be Manx.


ではゲール語とノルド語で話は通じたのか? という疑問も生じます。
これは一説によると、ヴァイキングはノルド語の他にバラマン島語を話せたと言われているそうです。

バラマン島語とはアイルランド・ゲール語やスコットランド・ゲール語、そしてマン島語とも密接な関係にあるといえるゲール語の一つだそうです。

このバラマン島語は、マン島語、アイルランド・ゲール語やスコットランド・ゲール語と相互に完全なる理解は困難ですが、話者たちは互いの言語の受動的能力によって、一定内の会話や理解は出来たそうです。


いずれにせよ、マン島人はヴァイキングと戦い、その後共存しました。
誰であろうとここに入植すれば誰でもManxだという基本的な考えがあるのでしょう。




There are some Viking / Norse influences left in Isle of Man by these reasons.

The representative example is the Ronald’s Way Airport at the entrance to the sky of Isle of Man.
Ronald is the name of the head of Viking Ronalds, and “Way” means battlefield.
This airport was once a Viking battlefield.

As mentioned above, there is a theory that the word Manx is sometimes spelled Manks meaning "Mannish of the Isle of Man".

There is a theory that it is derived from Nordic Mannisk, but there is a word that Manish is English like man = not feminine, so in the age of Viking, the women of this island are very much in their eyes It might seem that it was strong.
Objectively, actually, the women of Isle of Man are strong, and many women work like man.


これによってマン島にはいくつかのヴァイキング/ノルド語の影響が残っています。

その代表例としてあげられるのがマン島の空の玄関口 ロナルズ・ウェイ空港です。
ロナルドとはロナルドというヴァイキングの首領の名前。
ロナルズは「ロナルドの」を意味し、ウェイは「戦場」を意味します。
この空港はかつて、バイキングのバトルフィールド(戦場)だったのです。

前記したようにManxという文字が、時にManksと綴られているのは「マン島人の Mannish」を意味しているという説があります。

これはノルド語のManniskに由来しているという説がありますが、英語でマニッシュとは、「男のような=女らしくない」という語意があるので、ヴァイキングの時代、彼らの目にこの島の女性はとても強いと見えていたのかもしれません。
客観的に見て、実際にマン島の女性は強く、男性のように働く女性は多いです。




>>108-6 文字を持たない文化 108-6

ホームへ戻る ページのトップへ戻る


108 Traditional and New Traditional

108-1  Traditional & New Traditional /古き伝統と新しき伝統
108-2-1 Disappearance of Manx language /マン島語の廃滅
108-2-2 Revival of Manx language /マン島語の復活
108-3-1 What's Manx language /マン島語とは?
108-3-2 What's Celtic language /ケルト語とは?
108-3-3 Celts and Celtic country /ケルト人とケルト国
108-3-4 Gaelic language /ゲール語とは?
108-3-5 Gaeltacht /ゲールタハト
108-4  Characters of Manx language /マン島語の文字
108-5-1 The name of "Isle of Man" /「マン島」という名前
108-5-2 Viking /ヴァイキング
108-6  A culture without letters /文字を持たない文化
108-7-1 TRISKELE /トリスキール
108-7-2 Direction of TRISKELE /トリスキールの回転方向
108-7-3 Emblem of TRISKELE /トリスキールの紋章
108-7-4 Reference about the emblem "TRI" /「トリ」の紋章についての参照